工法紹介

コンクリートカッター

コンクリートカッター工法は、高出力エンジンを搭載したコンクリートカッターのブレードシャフトにダイヤモンドブレードを取り付け、予め画線した切断線に沿って舗装道路面・コンクリート床面・二次製品などを切断する工法です。ブレーカーによるハツリなどの従来工法に比較して切断制度に優れ、騒音・振動・粉塵が抑止できる工法です。

施工事例

今住町配水管布設替工事(最大深度70cm)
コンクリートカッター コンクリートカッター